Quick Menu



leftMenu

content

Popular Tourist Spots

Home観光旅行観光名所人気観光地

竹西楼
Jukseoru Photo
所在地
城内洞9-3
観覧お問い合わせ先
三陟市庁 文化公報室 033-570-3224

竹西楼管理事務所 033-570-3670

紹介

創建者と年代は未詳ですが、<動安居士集>によれば、元宗7年(1266)に李承休が安集使であった陳子厚と西樓に上り詩を残したという内容から見て、竹西楼は少なくとも1266年以前に建立されたものと思われます。太宗3年(1403)に府使 金孝孫が旧跡に再建し、その後今日に至るまで數十回にわたって建て直されたり塗り替えられ、増築されました。竹西楼は、楼閣の東に竹林があり、そこに竹藏寺があったことから命名されたという説と、竹西楼の東に竹竹仙女の遊戱所があったことに由来するという説が伝わっています。楼閣の前面に揭示された「竹西楼」と「關東第1樓」の扁額は肅宗41年(1715)に府使 李聖肇によって、樓閣の中に揭示された「第一溪亭」の扁額は顯宗3年(1662)に府使 許穆によって書かれ、「海仙遊戱之所」は憲宗3年(1837)に府使 李圭憲によって書かれました。竹西楼は下層が17本の柱から成っていますが、そのうち9本は自然石に、8本は石礎の上に建てられたという建築史的な特徵があり、上層は20本の柱に八作屋根です。現在、樓亭内には府使 許穆が記した「竹西樓記」、唐城 洪百鍊が記した「竹西楼重修記」などの記文と、「竹西楼」や「海仙遊戱之所」などの題額、そして一中 金忠顯が記した栗谷 李珥の「竹西樓次韻」、正祖の御製詩の詩板など、全部で26の扁額が掛っています。"

觀覽案内

1. 觀覽料 : 無料
2. 観覧時間 : 09:00 - 18:00(夏季: 3月-10月) 09:00 - 17:00(冬季: 11月-2月)

ギャラリー

  • Jukseoru Pavilion Photo
  • Jukseoru Pavilion Photo
  • Jukseoru Pavilion Photo
  • Jukseoru Pavilion Photo
  • Jukseoru Pavilion Photo
  • Jukseoru Pavilion Photo
  • Jukseoru Pavilion Photo
  • Jukseoru Pavilion Photo
  • Jukseoru Pavilion Photo

場所

location