Quick Menu



leftMenu

content

Inland Tour

Home観光旅行観光名所內陸観光

Total 81/1 Page

大金窟
Daegeum Cave Photo
大金窟(470m)は、洞窟の入り口(140m)までモノレールに乗って行くというすてきな体験ができ、エッグフライ石筍や曲石、鐘乳石、洞窟の真珠、滝、湖、洞窟生成物などに感嘆の声が上がります。德項山の絶景と調和した周りの生態公園と、モミの木の森などもお勧めです。
Details
幻仙窟
Hwanseon Cave Photo
約5億3千萬年前に生成された韓国最大の石灰洞窟です。内部に鬼の棍棒や玉座臺、夢の宮殿など様々な形の鐘乳石と石筍が形成されている、古代の神秘を秘めた洞窟です。 母の胸のような德項山の絶景を眺めながら、幻仙窟の入り口までモノレール(40人乗り、走行レール402m 複線)が運行しています。
Details
江原総合博物館
Gangwon Museum Photo
展示室の1階は自然史、2階は陶磁器、3階は金屬工藝、本館には世界民俗品 など約2万点余りの遺物が展示されています。野外には石工藝や恐龍、滝、洞窟、東屋などがあります。
Details
天恩寺
Cheoneun Temple Photo
新羅興德王4年(829)に創建された寺です。高麗時代の學者である李承休が「帝王韻紀」を著述し、その一帯が李承休の遺墟地として指定されました。周りは樹木が繁り、美しい自然の趣きが滿喫できます。
Details
濬慶墓
Jungyeongmyo Photo
朝鮮太祖の5代祖である陽茂將軍の墓で、百牛金冠の說話が伝えられています。
Details
頭陀山
Duta Mountain Photo
三陟市未老面と下長面、そして東海市の武陵溪谷の境界に位置している海拔1353mの山で、近くには青玉山や五十井山が連なっています。頭陀山は風の山と呼ばれるほど風が強く吹くところで、山の名前である頭蛇は佛敎用語で、俗世の煩惱を捨てて佛道修行をするという意味です。三陟市の靈的な母山として羨望の対象でもあった頭陀山は、太白山脈の主峰を成し、五十井、ヨンソク、朱木郡、ツツジなどで有名です。秀でた山勢と珍しい動植物の秘境が隠されている場所です。
Details
青玉山
Cheongok Mountain Photo
三陟市下長面と東海市三和洞の境界にある高さ1404mの山で、北西の高積臺(1354m)と南東の頭陀山(1353m)の間にあります。東の斜面を流れる溪谷は、國民観光地に指定された武陵溪谷を通って前川に流れ込み、西の斜面を流れる溪流は骨只川に流れ込みます。斜面は全て急傾斜ですが、西の斜面は比較的緩やかな方です。北の裾野にある蓮七星嶺を通って、三和洞と下長面をつなぐ道路があります。青い玉石(靑玉石)が出たため青玉山という名前が付いたと言われています。
Details
德項山
Deokhang Mountain Photo
幻仙窟のある山で、周辺一帯が天然記念物第178号の大耳洞窟地帶に指定されています。新基面大耳里の郡立公園内に位置しており、山の中腹には地下金剛山と呼ばれる韓国最大の洞窟である幻仙窟と大金窟があります。峰ごとに獨特な趣きを醸し出し、山勢が穏やかで「女性の懐」のようで、入り口に立った瞬間暖かさが感じられる山です。奇岩怪石でできた屛風岩が東南に広がる美しい山で、周りにはスレート屋根の家や茅葺の家、ししおどしなどたくさんの民俗遺物が自然のまま保存されており、登山客の足が絶えません。
Details
[1]